© 2012 特定非営利活動法人伏見クラブ All Rights Reserved.

 

Phone: 090-2599-7243  Email:tsuboi@npo-fushimiclub.jp
  • Facebook クラシック
  • YouTube の古典的な
  • Google + アプリのアイコン

伏見クラブジュニア会員専用

はじめに

当ホームページをご覧下さり、心よりお礼申し上げます。私どもは現在、多くの有志の協力により、ラグビーチームを開校しております。

青少年を取り巻く環境は、陰湿ないじめや引きこもり、犯罪の低年齢化など様々な問題を抱えています。その多くが、少年期での生活環境が原因のひとつだと私たちは考えています。私たちがそうであったように、青少年の育成において、スポーツの担う役割は非常に大きく、身体的な発達や技術の向上だけでない、精神面の育成においてもとても大切なものだと感じております。

大人と子供との接点を増やす機会を大人たちが自ら作り出し、地域へのスポーツを通じた社会貢献を目指したラグビーチームの運営を2010 年4 月にスタートする事となりました。

ラグビーというスポーツは、「 One For All All For One 」という言葉に象徴されるように、犠牲的精神を柱としたチームスポーツです。他人を思いやる優しさや、自己犠牲が、美徳とされない風潮となりつつある現代社会において、私たちはラグビーというスポーツを通じて、心の優しいたくさんの友達とめぐり合い、同じグランドで泥んこになって、笑顔いっぱいの毎日を送ってもらいたいと願います。

オリンピック公式競技への参加、また京都市公立小学校でのタグラグビーの授業での指導開始など、ラグビーを取り巻く環境も追い風になってきました。その追い風を受けて多くの方々のご支援と温かい思いやりの集まりに期待しております。

 

私たちが子供たちのために出来ることを  

ラグビーというスポーツは本当に面白いスポーツです。

ぶつかり、泥んこになりながら一つのボールを追いかける。ぶつかるのは痛いです。走ってくる相手を止めるのには勇気も必要です。私は、常々、現代社会の青少年教育において、必要な要素が、「ラグビー」というスポーツの中に多くあると感じていました。そんな中、今回たくさんの先輩、後輩たちの支援のもと、スクールの開校の運びとなった事を感謝しています。

ラグビーを通じて「なかよし」が一人でも多くなり、一人でも多くの子供たちが、おおぞらの下で泥んこになって、笑い、しんどい思いや努力する過程をみんなで経験しながら、子供たちの素晴らしい未来のちょっとしたお手伝いが出来ること。それが私のライフワークになれたなら、私は本望です。

保護者の皆さま、日曜日はぜひ当クラブチームでお過ごしください。ボランティアの学生の皆さま、日曜日は子供たちとの触れ合いの中で、何かを学んで頂ければ光栄です。支援者の皆さま、優しくて強い子供たちを育てるために、1 円でも多くのご寄付をお願いいたします。ご不明な点、お問合せはいつでも私坪井までお声かけ下さい。最後までご拝読いただきありがとうございました

代表理事 坪井一剛

坪井 一剛  (ツボイ カズタカ) 

【略歴】

・1974 年7 月5 日生 京都市生まれ

・京都市立伏見工業高校→同志社大学→日本電信電話㈱→現職

・高校時代には主将として伏見工業高校を2 度目の全国優勝へ導いた。

 同志社大学、NTT 関西とラグビーを続け、27 歳の時に引退。